「Commonこもん」のこと

Web Shop「きもの二条」一時閉鎖のお知らせ

2015年08月30日

HPリニューアルに伴う
Web Shop 「きもの二条」 一時閉鎖のお知らせ

この度
「Commonこもん」の店舗移転に伴い
ホームページ及びWeb Shop 「きもの二条」を
リニューアルさせて頂く運びとなりました。

新しいホームページとWeb Shopは
9月10日前後のリニューアルオープンを予定致しておりますが

移行作業に伴い、Web Shop「きもの二条」を
9月1日(火曜日)より約1週間閉鎖させて頂きます。

ご迷惑をお掛け致しますが
何卒宜しくお願い申し上げます。

尚、Web Shop閉鎖期間中の
急なお問合せ、ご注文等は
お手数ですが「Commonこもん」店舗まで
お電話にてお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

「Commonこもん」 ☎ 075-213-5013 (藤野)
(午前11時より午後8時まで/火曜・水曜定休)

❀ ❀ ❀ ❀ ❀

さて

お客様から
おきものやコートを誂えた時の、残った生地の使い道について
ご相談頂くことが有ります。

少しなら「草履の鼻緒」を作って好みの台にすげると
オリジナル草履や下駄が作れますが

少し長めに(1m以上)残っていると
やっぱり、バッグにしたくなります(^^)

そこで
店舗の引越しの際、荷物の整理中に出てきた
お気に入りの羽織の残り布を
和装小物のメーカーさんにお願いしてバッグに加工致しました。

DSC_1310

お揃いの羽織は ⇒ こちら

布製バッグへの風太のこだわりは

シンプルデザインで
洋服とお着物兼用で使え
縫製が丁寧で美しく
加工代が高過ぎない。

こちらのバッグは
その条件を全てクリアした
納得の仕上がりです。

一緒に、少し大きめでA4サイズの雑誌がすっぽり入る
トートバッグもお願いしました。

DSC_1317

写真では解り辛いと思いますが
控えめに銀糸が織りこまれた夏のコート地です。

生地の要尺は最低1m。
加工代金はバッグの大きさにより7,500円から10,000円(税別)

お手元に残り布がございましたら
ぜひ!一度ご相談下さいませ(^^)

pagetop